仮想通貨

【株・FX・仮想通貨】どうしてもポジションを取ってしまう【ポジポジ病】

最近仮想通貨を興味を持ち、投資や投機を行い始めた人いるのではないでしょうか。

 

チャートの動きを見ていて、今上がりそうだなーとか思ってちょっと目を離してまた見てみると上がってる!

なんだか損したなー次は買っておこうかな。

って思ったりしませんか?

それが重なっていくと、ポジションを持っていない今の状況がとても損している気分に陥っていきます。

そんな現象を私はポジポジ病だと思っています。

ポジポジ病はとても危険な行為です。って有名トレーダーの人はよく言っていますね。確かにそうだと思います。

ですが、初心者の人が短期から中期トレードをこれからしていきたいって人は必ず誰しもが陥ってしまいます、というか成長するために必要なのかなと私は思います。

では、なぜなのか考えてみました。

 

・単純にトレードがやりたい

投資に興味を持ったら誰しもすぐにやってみたいという好奇心にとらわれるとのは当然だと思います。

だってやりたいですよね。

たくさんトレードしてもいいです。

というか、うまくなるためにはしたほうがいいです。

ですが、必ず資産管理を行いましょう。

資産管理を行わず、トレードを続けると必ず破産します。

許容損失額は総資産の5%未満とか言われますが、1%未満ましてや初心者ならばもっと少ないに越したことは無いです。

資産管理をきちんと行っているのであれば破産することはないでしょう。

これがとても重要だと思います。

・自分の手法に基づくルールが明確じゃない

初心者だとまだ自分の投資を行うにあたってのルールが決まってないのではないでしょうか。

また、手法もいまいち決まってないし、なにが正しいのかわからない・・

初心者の時そうでした、絶対みんな当てはあまるんじゃないですか?

有名トレーダーが昔は負けていたってほとんどの人が言っている気がしますが、ここの段階でやらかしちゃったのでしょう。

自分に合った手法を手に入れると、勝ちのポイントがわかってきます。逆を言うと負けのポイントもわかってくるということです。

エントリーするときに、あ、これ負けのポイントだと気づけば誰だってエントリーしたり、ポジション持ちませんよね?

 

・結論 資産管理できていれば問題ない

ポジポジ病はダメだというのはわかるけれど、結果的に負けのトレードが減ってきてポジポジ病が治るのだと自分は思います。

初心者のうちは、少ない枚数でトレードしたり、デモトレードを活用して自分の手法とルールを決めてからトレードをすると上手くいくのではないでしょうか。

 

 

 

-仮想通貨

Copyright© さんびっとぷらす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.