仮想通貨

【ビットコイン】値動き予想7【仮想通貨】

前回記事はこちら

 

前回の記事を書いた1月17日にビットコインが急落し、アルトコインがつられるように値を崩していきました。

目立つ抵抗線も無いためそのまま値を落としてくかと思っていましたが、幸い最高値を作った安値付近でサポートされたみたいですね。

値を少し戻すような形が現れてきましたので見ていきます。

くれぐれも自己責任で見てくださいね。

 

・日足について

今だんだん値が上がってきていて、1,000,000円から1,400,000円まで戻してきました。

「なんだ上がってきているじゃん、2,000,000円まで戻るんじゃない?」

と、ビットコインを買った人や、今から買おうと思っている人がいるかも知れませんね。

そこで、今現状のラインを青で引いてみました。

青色のライン高値と安値に引いたところきれいな下降トレンドを形成しています。

こうしてみると、下降トレンドを形成するための上昇する調整波とみることができます。

正直ここから最高値を目指すような上昇はあまり見込めません。

そこで二つのシナリオを考えてみました。

 

・画像の①のシナリオ

このまま上昇し、黒のライン最高値を作った押しの値段を抜け移動平均線(25)と前回の安値がぶつかるところで反発すると予想される。

 

・画像の②のシナリオ

黒のライン、最高値を作った押しで、日足で何度も反発しているポイントで反発。

レジサポ転換と移動平均線(75)でぶつかるため、ここもたくさんの人達が意識をしてトレードを行うと予想される。

 

・4時間足について

黒の四角で囲った、ブロック相場を陽線で強く上に抜いていて、ブレイクしたと考えられます。そのため、上昇するということが見込まれます。

次の目指すポイントは前回の高値付近もしくは、移動平均線(75)でちょうどぶつかるため、

日足目線で考えた②のシナリオと合致します。

なので、そこで反発することも強く考えられますね。

・結論

今の状況だけで、最高値と同じ値段に戻るとは考えにくいため、

下降トレンドを形成している一時的な戻り押しなのではないでしょうか。

今からビットコインを買う人は上昇する幅とゴールをチャートを見ながら上手くトレードしていきましょう。下降トレンドを形成しているということは紛れも無い事実なので、堅実に利確していかないと危ないかもしれませんね。

 

-仮想通貨

Copyright© さんびっとぷらす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.