FX

【FX】手法・ルールを言語化しよう

 

サカナクン
サカナクン
FXのテクニカル分析は分かるけど実際にチャートを見ると覚えにくいなぁ
ある程度形や、特徴を決めて言語化すると覚えやすいです

【FX】手法・ルールを言語化しよう

手法やルールを言語化することでメリットはたくさん生まれます。

  • 手法の明確化
  • 手法をシンプルにできる
  • ルールを守りやすくなる

簡単なことですが、やってみる価値は大いにあるので試してもらいたいです。

過去の自分の経験

相場のテクニカル分析は、教科書通りで考えると分かりやすく、覚えやすいですが
実際の相場は様々な要素が組み合わさることで非常に曖昧な形になることが多いです。
私はなぜそういう形になったのかが気になり、答えもないのに考え・悩む毎日でした。

自分の手法を言語化して説明してみる

自分の手法・ルールを言語することはできますか?

 

反転しそうなタイミングを狙ってるだけだからなぁ
サカナクン
サカナクン

 

  1. なぜそのタイミングでエントリーしたのか
  2. どこで損益を確定するのか
  3. 良し悪しの理由は何なのか

 

この説明ができると相場をとてもシンプルに見ることができます。

相場で勝つということは再現性を取っているにすぎません。

気づくとまた同じところでエントリーしているなぁという感じですね。

手法がシンプルになる

手法やルールがシンプルになることで

いつトレードすればいいのかも見えてきます。
「待つ」という行動とポジポジ病を回避することができるようになります。
自然にできるように練習しましょう。

感覚トレードは辞めよう

感覚トレードをしてしまうと、そのトレード自体に意味が無いです。
なぜその取引をしてしまったのか振り返るにも振り返ることができないからです。
なんの仮説も無く取引してしまったら、負けという勉強材料が全くの無駄になってしまうのです。

後から振り返って、なんとなくこれ以上値が下がることは無いだろうなと思ってロングしても
後から振り返ると何でこんなところでロングしてしまったのだろうと思うだけで何の進展もありません。
有るとすれば、このような意味の無いトレードはもうしないということだけです。

まとめ

言語化することでトレードがシンプルになるなります。
シンプルになることで、「待つことができる」「ポジポジ病を解決できる」
有益な質の高いトレードをすることができるようになります。

 

今回は以上です。

-FX

Copyright© さんびっとぷらす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.